トップ >がん予防法研究 >研究班ニュース >2014/9/16 日本人のためのがん予防法改訂のお知らせ

科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究

2014/9/16 日本人のためのがん予防法改訂のお知らせ

 

このリサーチニュースは、「科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究」研究班が発行しています。
※研究班のHPからアドレスを登録していただいている方に対し、不定期にニュースをお届けします。

 

■■■日本人のためのがん予防法改訂のお知らせ■■■

「科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究」、略して「がん予防研究班」では、ホームページからメールアドレスをご登録いただいた方に、研究についてのニュースをメールで配信しています。
今年度の班会議での決議を受けて、9月18日に「日本人のためのがん予防法」を一部改訂しました。
今回の改訂のポイントについて、主任研究者である笹月静・国立がん研究センター予防研究部長に聞きました。

○推奨5の「体形」の中高年期女性のBMIの目標値を変更しました。
旧:19~25

新:21~25

これに合わせ、目標の記述を以下のように変更しました。
目標:
中高年期男性の適正なBMI値(Body Mass Index 肥満度)は21~27、中高年期女性では21~25です。この範囲内になるように体重を管理しましょう。
(BMIの求め方 BMI値 = 体重(kg)/身長(m)の二乗)

○この変更について
研究班より発表した、肥満とがん、あるいは死亡の関連についてのプール解析の結果が蓄積されてきた(死亡2011年、大腸がん2012年、乳がん2014年)ことから、2014年7月31日に行われた班会議において見直しが行われました。
大腸がんや乳がんでは、肥満になるほどリスクが高くなることが示されましたが、日本人の35万人以上のデータから、中高年の日本人にとって死亡リスクが最も低くなるBMIの範囲は、男女とも21-27でした。
女性では、肥満による乳がんのリスク上昇から上限は25と定められていましたが、このたび痩せによる死亡のリスク上昇も考慮して下限を19から21に引き上げました。「日本人のためのがん予防法」では、個別のがんに加えて死亡全体のリスクも考慮して総合評価します。

▼▼▼詳しくは、HPをご覧ください。▼▼▼

最近の研究成果更新について
2014/08/21 大豆と乳がんリスク(日本の疫学研究に基づく関連性の評価)

2014/08/19 魚と大腸がんリスク(日本の疫学研究に基づく関連性の評価)

2014/08/19 肉と大腸がんリスク(日本の疫学研究に基づく関連性の評価)


※がん予防研究班ニュースのメール配信の登録、登録解除については、下記のHPより行うことができます。

メール配信の登録受付

登録解除

 

上に戻る