トップ >多目的コホート研究 >研究方法 >研究計画のご案内 >オミックス研究計画のご案内(2011年11月)

多目的コホート研究(JPHC Study)

オミックス研究計画のご案内(2011年11月)

多層的オミックス技術を用いた研究計画のご案内

 

多目的コホート研究では、約14万人の方に研究にご協力いただいています。そのうち、約6万人の方から、研究のために血液をご提供いただき、国立がん研究センターで冷凍保存管理しております。 2011年12月1日より、保存血液を用いた「オミックス研究」が始まります。多層的オミックス技術を用いた研究であり、血液中のたんぱく質の量や遺伝子多型などを多層的に組合せ、生活習慣による疾病リスクへの影響を検討するものです。このような研究の実施にあたっては、まず研究計画書を国立がん研究センターの倫理審査委員会に提出し、ヒトゲノム・遺伝子解析研究における倫理的配慮等について厳密な審査を受けます。倫理審査については、公式ホームページをご参照ください。この研究計画は、2011年8月25日に、倫理審査委員会の承認を受けました。これに基づき、オミックス研究の対象者の候補となる方すべてに、ご案内をお届けしました。


いずれも、検査結果を誰のものかわからないように匿名化して、グループごとの検査データの傾向を比較する研究です。ひとりひとりの検査結果を取り扱うことはありませんが、ご自分の試料が研究の対象になると思われるが、以下のいずれかの研究には使用して欲しくないとお考えになる方は、その旨をJPHC 研究事務局までお伝えくださいますよう、お願いいたします。 なお、研究への使用の拒否の意思を表明されても、診療の機会などで、いかなる意味においても不利益をこうむることはありません。また、研究計画の性格上、ご提供いただいた試料が必ずしも該当研究に用いられているとは限りません。

 

 

多目的コホート研究からのお知らせ -オミックス研究開始について-

※PDF形式ファイルをご覧になるには Adobe Reader  が必要です。

上に戻る