トップ >国際共同プロジェクトへの参加 >アジアコホート連合 >アジアコホート連合

国際共同プロジェクトへの参加

アジアコホート連合

アジアコホート連合(Asia Cohort Consortium: ACC)は、遺伝的要因や環境的要因がどのように病気と関連しているのかを把握しようとする国際共同研究です。アジア各国の健康な住民を対象とする合計で100万人規模のコホート研究を立ち上げ、その長期追跡調査を通じて、がんをはじめ、さまざまな疾患についての分析を行います。また、差し迫った課題については、アジアですでに実施されている個別のコホート研究を統合することで、より早く回答を得られるような取り組みを行います。

背景

この数十年間で、アジア地域の経済や人口構成、ライフスタイルが大きく様変わりし、そこに暮らす住民の健康状態にはっきりとした変化をもたらしました。特に、がんを含む生活習慣病が増加し続け、医療システムや公衆衛生上の新たな問題が投げかけられています。幸いなことに、アジアにはこれらの問題を解決するための貴重な専門知識や研究材料があります。ACCは、その強みを生かし、アジア地域における病気による負担を軽減するための取り組みを行います。

ACCは、新しいコホート研究(アジアの健康な住民100万人以上でコホートを構成)の設立や既存のコホート研究の活用を通じて遺伝的、環境的要因と病気との関連を探求する研究者が集う国際的な連合です。2004年11月に、韓国ソウルで、米国フレッド・ハッチンソンがん研究センター(FHCRC)のJohn Potter博士と韓国ソウル大学のKeun-Young Yoo博士の呼びかけによって設立されました。
現在、FHCRCのJohn Potterとソウル大学のDaehee Kang博士が共同で議長を務め、米国シアトルにあるFHCRCのACCコーディネーティングセンターが、ACCの使命を果たすべく行われるさまざまな研究活動を円滑に進めるための運営事務局となっています。ACCの使命とは、(1)各国の既存のコホートの連携プロジェクトとその複合解析のプラットフォームになること、(2)新しいコホートを立ち上げることの2点です。

グローバルな連携

バングラデシュ、中国、インド、日本、韓国、マレーシア、シンガポール、台湾、米国その他の国々から研究者が集まり、継続中のコホート研究の進捗を報告し、共通の研究計画方針策定に関する討議を行い、連携プロジェクトに従事するために定例会を開催します。これまでに、2008年10月に北京で、2009年4月にデンバーで、2009年12月に東京で、2010年4月にワシントンで、2010年10月にソウルで開催されました。また、ACCの作業部会や構成員のトレーニングや会合は随時開催されています。
ACCには9つの作業部会があり、それぞれの研究領域は次の通りです。「食事と栄養」、「肥満と身体活動」、「職業と環境」、「病歴と出産歴」、「飲酒と喫煙」、「家族歴と遺伝」、「生体試料と試料採取」、「データ収集と管理」、「フォローアップとエンドポイントの確認」です。

新たなコホート

ACCコホート研究は、韓国、マレーシア、シンガポールで開始されています。これらの国では積極的に参加者を募集し、より進んだ段階でデータをプール(足し合わせ)して解析しやすいように、共通の方法による収集が進められています。台湾で第4のコホートの立ち上げを準備中です。アジアの他の国でも新しいコホートを計画中です。

新たな展開

既存のコホート研究の研究代表者でもあるACCメンバーが、アジア人のBMIと死亡率に関する共同研究を開始しました。このプロジェクトには、日本、中国、韓国、インド、台湾、バングラデシュ、シンガポールから19のコホート研究が含められています。100万人以上のデータを擁するこのプロジェクトからは、アジア全域におけるBMIと死亡率のパターンに関する貴重な情報が得られるとともに、ACCにおけるデータプールの実現可能性が示されると期待されています。
引き続き、既存のコホート研究を用いたパイロットプロジェクトの準備中です。その研究テーマは、次の2つに絞られています。

  1. 小腸がん。まれながんなので、その研究には莫大な規模の対象者が必要。
  2. 生体試料の活用。既存のアジアコホートを横断して使える方法を示すためのパイロット研究。

これらは2009年に開始したプロジェクトで、他にも数々の新しいプロジェクトの提案を行う予定です。

ACCとの連携について

ACCでは、その使命を遂行するために、同じゴールを目指す研究者との連携を歓迎します。新しいコホート研究の立ち上げに関心のあるアジアや他の地域の研究者は、ACCにおいて提供できるかもしれない研究資源や支援の情報について、ぜひコーディネーティングセンターあてにお問い合わせください。また、既存のコホートを横断する連携研究への参加やプロジェクトの提案に関心をお持ちの研究者も、詳細についてセンターへお問い合わせください。私たちは、共同研究を通じて、医学研究を進展させ疾患予防を促進する研究者のコミュニティを助成したいと、心から願っています。
詳しくは、アジアコホート連合のホームページをごらんください。http://www.asiacohort.org/

no 記事 外部リンク
4 Lin Y, Fu R, Grant E, Chen Y, Lee JE, Gupta PC, Ramadas K, Inoue M, Tsugane S, Gao YT, Tamakoshi A, Shu XO, Ozasa K, Tsuji I, Kakizaki M, Tanaka H, Chen CJ, Yoo KY, Ahn YO, Ahsan H, Pednekar MS, Sauvaget C, Sasazuki S, Yang G, Xiang YB, Ohishi W, Watanabe T, Nishino Y, Matsuo K, You SL, Park SK, Kim DH, Parvez F, Rolland B, McLerran D, Sinha R, Boffetta P, Zheng W, Thornquist M, Feng Z, Kang D, Potter JD. Association of body mass index and risk of death from pancreatic cancer in Asians: findings from the Asia Cohort Consortium. Eur. J. Cancer Prev.. 2013; 22: 244-50.
3 Boffetta P, Hazelton WD, Chen Y, Sinha R, Inoue M, Gao YT, Koh WP, Shu XO, Grant EJ, Tsuji I, Nishino Y, You SL, Yoo KY, Yuan JM, Kim J, Tsugane S, Yang G, Wang R, Xiang YB, Ozasa K, Nagai M, Kakizaki M, Chen CJ, Park SK, Shin A, Ahsan H, Qu CX, Lee JE, Thornquist M, Rolland B, Feng Z, Zheng W, Potter JD. Body mass, tobacco smoking, alcohol drinking and risk of cancer of the small intestine--a pooled analysis of over 500,000 subjects in the Asia Cohort Consortium. Ann. Oncol.. 2012; 23: 1894-8.
2 Zheng W, McLerran DF, Rolland B, Zhang X, Inoue M, Matsuo K, He J, Gupta PC, Ramadas K, Tsugane S, Irie F, Tamakoshi A, Gao YT, Wang R, Shu XO, Tsuji I, Kuriyama S, Tanaka H, Satoh H, Chen CJ, Yuan JM, Yoo KY, Ahsan H, Pan WH, Gu D, Pednekar MS, Sauvaget C, Sasazuki S, Sairenchi T, Yang G, Xiang YB, Nagai M, Suzuki T, Nishino Y, You SL, Koh WP, Park SK, Chen Y, Shen CY, Thornquist M, Feng Z, Kang D, Boffetta P, Potter JD. Association between body-mass index and risk of death in more than 1 million Asians. N. Engl. J. Med.. 2011; 364: 719-29.
1 Boffetta P, McLerran D, Chen Y, Inoue M, Sinha R, He J, Gupta PC, Tsugane S, Irie F, Tamakoshi A, Gao YT, Shu XO, Wang R, Tsuji I, Kuriyama S, Matsuo K, Satoh H, Chen CJ, Yuan JM, Yoo KY, Ahsan H, Pan WH, Gu D, Pednekar MS, Sasazuki S, Sairenchi T, Yang G, Xiang YB, Nagai M, Tanaka H, Nishino Y, You SL, Koh WP, Park SK, Shen CY, Thornquist M, Kang D, Rolland B, Feng Z, Zheng W, Potter JD. Body mass index and diabetes in Asia: a cross-sectional pooled analysis of 900,000 individuals in the Asia cohort consortium. PLoS ONE. 2011; 6: e19930.
上に戻る