研究プロジェクト

予防研究グループでは、地域住民、検診受診者、病院の患者さんなど人間集団を対象に、疫学研究の手法を用いて、発がん要因の究明(がん予防のために必要な科学的根拠を作る)がん予防法の開発(科学的根拠に基づいて具体的かつ有効ながん予防法を提示する)を目的とした研究を行っています。

多目的コホート研究(JPHC Study)

全国11保健所管内14万人の地域住民を対象とした、生活習慣とがんなど生活習慣病との関連についての長期追跡調査国立研究開発法人国立がん研究センターがん研究開発費など
(平成21年度までは厚生労働省がん研究助成金による指定研究班)

科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究

科学的根拠に基づく日本人のがんリスクを総合的に評価し、指針として提言する国立研究開発法人国立がん研究センターがん研究開発費
(H23年度までは厚生労働省第3次対がん総合戦略研究事業)

サンパウロ日系人研究

ブラジル在住の日系移民における環境・生活習慣の変化が、がんの発生に及ぼす影響についての研究文部科学省科学研究補助金など

国際共同プロジェクトへの参加

グローバルながん予防の実践に貢献するための、様々な国際共同プロジェクトへの参加日中間研究連携、Asia Cohort Consortium, Pooling project of Prospective Studies of Diet and Cancer, WHO Global Burden of Disease Project, etc.

予・検センター研究

社会と健康研究センター受診者を対象としたがん予防研究

  • 内分泌かく乱化学物質の健康影響に関する研究
  • 平鹿胃がん予防研究
  • 胃がんエコロジカル研究
  • 長野県の低がん死亡率と農作物との関連についての疫学研究
  • 肺がんの原因究明と新治療法開発のためのデータベース構築
  • JPHC NEXT
  • 大規模コホートの推進と統合プロジェクト

こちらのホームページでは、予防研究グループで行っている個別の研究プロジェクトについてご案内しております。
がんに関する一般的情報は、国立がん研究センターの下記 Webサイトをご覧ください。