トップ >長野県の低がん死亡率と農作物との関連についての疫学研究

長野県の低がん死亡率と農作物との関連についての疫学研究

食事摂取をはじめとする生活習慣と胃がん・大腸がんとの関係を疫学研究によって明らかにするために、平成10年(1998年)7月から平成14年 (2002年)3月にかけて、北信総合病院、篠ノ井総合病院、長野松代総合病院、佐久総合病院、長野県農村工業研究所、国立がんセンター研究所支所臨床疫 学研究部(現 国立がん研究センターがん予防・検診研究センター予防研究部)の共同研究として、「長野県の低がん死亡率と農作物との関連についての疫学研究」 が行われました。

上に戻る