トップ >科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究 >現在までの成果 >喫煙と食道がんリスク

科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究

喫煙と食道がんリスク

日本の疫学研究に基づく関連性の評価

日本の研究結果から、日本人のがん予防を考える

「生活習慣改善によるがん予防法の開発と評価」研究班では、主要なリスク要因について、がん全般、および肺がん、食道がん、胃がん、大腸がん、乳がん、肝がんなどのリスクとの関連を調べた国内の疫学研究を収集し、個々の研究についての関連の強さの確認と科学的根拠としての信頼性の総合評価を行っています。

関連の強さについて、「強い」「中程度」「弱い」「なし」の4段階で個々の研究を評価し、研究班のメンバーによる総合的な判断によって、科学的根拠としての信頼性について「確実」「ほぼ確実」「可能性がある」「不十分」の4段階で評価するシステムとしました。その際、動物実験や作用機序に関する評価については、既存の機関が行ったレビューを引用することにしました。さらに、関連が「確実」あるいは「ほぼ確実」と判定された場合には、メタアナリシスの手法を用いた定量評価を行い、その影響の大きさについての指標を推定することにしました。

評価基準
関係強度定義記号
相対リスク統計的有意性
RR, 相対リスク; SS, 統計的に有意; NS, 統計的に有意でない
強い RR<0.5 または 2.0<RR SS ↑↑↑または↓↓↓
中程度 RR<0.5 または 2.0<RR NS ↑↑または↓↓
1.5<RR≤2.0 SS
0.5<RR≤0.67 SS
弱い 1.5<RR≤2.0 NS ↑または↓
0.5≤RR<0.67 NS
0.67≤RR≤1.5 SS
関連なし 0.67≤RR≤1.5 NS  -

その研究の一環として、このたび、喫煙と食道がんについての評価の結果を専門誌に報告しました。(Jpn J Clin Oncol. 2012年42巻63-73ページ

喫煙によって食道がんのリスクが確実に高くなる

喫煙と食道がんの正の関係は一貫して世界各地から報告されています。2010年の米国公衆衛生局長官報告(OSG)による包括的リスク評価によると、現喫煙者のリスクは生涯非喫煙者と比較して7~8倍に及んでいます。2004年の国際がん研究機関(IARC)による評価では喫煙はヒトへの発がん性においてグループ 1(ヒトに対する発がん性が認められる)に分類されています。喫煙は食道がんのリスク要因として広く認められていると言えるでしょう。

他方、食道がんリスクには地理的な差異もあるかもしれません。本研究では日本人における喫煙と食道がんリスクに関する疫学的研究をレビューしました。

 

1950年から2011年までの、日本人における喫煙と食道がん(発生/死亡)との関係についての研究を検索し、4件のコホート研究(表1)と11件の症例対照研究(表2)がレビューの対象として選ばれました。

表1) 喫煙と食道がんの関係(コホート研究)
文献番号研究期間対象集団要因区分関係の度合い
性別対象者人数年齢範囲転帰ケース数
1 Hirayama T. Life-style and Mortality. A Large-scale Census-based Cohort Study in Japan. Basel, Switzerland: Karger, 1990.
2 Sakata K, Hoshiyama Y, Morioka S, Hashimoto T, Takeshita T, Tamakoshi A. Smoking, alcohol drinking and esophageal cancer: findings from the JACC Study. J Epidemiol/Jpn Epidemiol Assoc 2005;15:S212-9.
3 Ishikawa A, Kuriyama S, Tsubono Y, Fukao A, Takahashi H, Tachiya H, et al. Smoking, alcohol drinking, green tea consumption and the risk of esophageal cancer in Japanese men. J Epidemiol/Jpn Epidemiol Assoc 2006;16:185-92.
4 Ishiguro S, Sasazuki S, Inoue M, Kurahashi N, Iwasaki M, Tsugane S. Effect of alcohol consumption, cigarette smoking and flushing response on esophageal cancer risk: a population-based cohort study (JPHC study). Cancer Lett 2009;275:240-6.
1 1965-81 122,261 ≧40 がん死 438 喫煙本数/日 ↑↑↑
    142,857 ≧40 がん死 147 喫煙本数/日 ↑↑
2 1988-99 46,465 40-79 がん死 100 喫煙年数 ↑↑↑
3 コホート1 (1984-92) 9,008 ≧40 がん発生 38 喫煙状況 ↑↑↑
コホート2 (1990-97) 17,715 40-64 がん発生 40
4 コホート1 (1993-2004)
コホート2 (1995-2004)
60,876 40-69 がん発生 215 箱・年数 ↑↑↑
表2) 喫煙と食道がんの関係(症例対照研究)
文献番号研究期間対象集団要因区分関係の度合い
性別年齢範囲ケース数コントロール数
1 Nakachi K, Imai K, Hoshiyama Y, Sasaba T. The joint effects of two factors in the aetiology of oesophageal cancer in Japan. J Epidemiol Commun Health 1988;42:355-64.
2 Sasaki R, Aoki K, Takeda S. Contribution of dietary habits to esophageal cancer in Japan. Prog Clin Biol Res 1990;346:83-92.
3 Hanaoka T, Tsugane S, Ando N, Ishida K, Kakegawa T, Isono K, et al. Alcohol consumption and risk of esophageal cancer in Japan: a case-control study in seven hospitals. Jpn J Clin Oncol 1994;24:241-6.
4 Takezaki T, Shinoda M, Hatooka S, Hasegawa Y, Nakamura S, Hirose K, et al. Subsite-specific risk factors for hypopharyngeal and esophageal cancer (Japan). Cancer Causes Control 2000;11:597-608.
5 Matsuo K, Hamajima N, Shinoda M, Hatooka S, Inoue M, Takezaki T, et al. Gene-environment interaction between an aldehyde dehydrogenase-2 (ALDH2) polymorphism and alcohol consumption for the risk of esophageal cancer. Carcinogenesis 2001;22:913-6.
6 Tsuda T, Mino Y, Babazono A, Shigemi J, Otsu T, Yamamoto E. A case-control study of the relationships among silica exposure, gastric cancer, and esophageal cancer. Am J Ind Med 2001;39:52-7.
7 Yokoyama A, Kato H, Yokoyama T, Tsujinaka T, Muto M, Omori T, et al. Genetic polymorphisms of alcohol and aldehyde dehydrogenases and glutathione S-transferase M1 and drinking, smoking, and diet in Japanese men with esophageal squamous cell carcinoma. Carcinogenesis 2002;23:1851-9.
8 Takagi A, Ajiki W, Tsukuma H. A case-control study to identify risk factors for female esophageal cancer in Osaka prefecture. Kousei no Shihyou 2003;50:33-8 (in Japanese).
9 Yokoyama A, Kato H, Yokoyama T, Igaki H, Tsujinaka T, Muto M, et al. Esophageal squamous cell carcinoma and aldehyde dehydrogenase-2 genotypes in Japanese females. Alcohol Clin Exp Res 2006;30:491-500.
10 Akiyama T, Inamori M, Iida H, Endo H, Hosono K, Yoneda K, et al. Macroscopic extent of gastric mucosal atrophy: increased risk factor for esophageal squamous cell carcinoma in Japan. BMC Gastroenterol 2009;9:34.
11 Oze I, Matsuo K, Hosono S, Ito H, Kawase T, Watanabe M, et al. Comparison between self-reported facial flushing after alcohol consumption and ALDH2 Glu504Lys polymorphism for risk of upper aerodigestive tract cancer in a Japanese population. Cancer Sci 2010;101:1875-80.
1 1973-85 男女 指定なし 343 (男: 257, 女: 86) 343 (男: 257, 女: 86) 累計喫煙本数 ↑↑↑
2 1974-79 指定なし 145 285 喫煙状況 ↑↑↑
指定なし 56 118 喫煙状況 ↑↑
3 1989-91 指定なし 141 141 煙草消費
4 1988-97 40-79 346 11936 喫煙状況 ↑↑↑
5 1999-2000 男女 40-76 102 (男: 86, 女: 16) 241 (男: 118, 女: 123) 喫煙 ↑↑↑
6 1986-93 男女 指定なし 22 98 喫煙状況 ↑↑
7 2000-01 40-79 234 634 喫煙 (箱数・年) ↑↑↑
8 1990-99 17-87 34 178 喫煙状況
9 2000-04 40-79 52 412 喫煙 (箱数・年) ↑↑↑
10 1997-2008 男女 38-86 265 (男: 235, 女: 30) 530 (男: 470, 女: 60) 喫煙習慣 ↑↑↑
11 2001-05 男女 33-79 742 (男: 641, 女: 101) 820 (男: 506, 女: 314) 箱数・年 ↑↑↑

すべてのコホート研究と8件の症例対照研究(文献番号1、2、4、5、7、9~11)において喫煙と食道がんのあいだの強い正の関係が示されています。また、すべてのコホート研究と5件の症例対照研究(文献番号1、4、5、9、11)で喫煙量と食道がんリスクのあいだに量反応関係がみられました。

今回レビュー対象に選んだ研究のうち、要因区分の異なる2つの症例対照研究(文献番号7、10)を除いたものを用いてメタ分析を行った結果、喫煙経験者の非喫煙経験者に対する相対リスクは3.01(95%信頼区間2.30 – 3.94)でした。現喫煙者と元喫煙者別に相対リスクを算出している3つのコホート研究(文献番号2 - 4)と4つの症例対照研究(文献番号3 - 6)を用いたメタ分析の結果、現喫煙者と元喫煙者の相対リスクはそれぞれ3.73(95%信頼区間2.16 – 6.43)と2.21(95%信頼区間1.06 – 3.06)でした。

結論

疫学研究の結果と生物学的なメカニズムの両面から、日本人において、喫煙は食道がんリスクを確実に強く上昇させるという結論になりました。

上に戻る