トップ >科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究 >現在までの成果 >肉と大腸がんリスク

科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究

肉と大腸がんリスク

日本の疫学研究に基づく関連性の評価

日本の研究結果から、日本人のがん予防を考える

「科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究」研究班では、主要なリスク要因について、がん全般、および肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、肝がんなどのリスクとの関連を調べた国内の疫学研究を系統的に収集し、個々の研究についての関連の強さの確認と科学的根拠としての信頼性の総合評価を行っています。

関連の強さについては、「強い」「中程度」「弱い」「なし」の4段階で個々の研究を評価し、科学的根拠としての信頼性については、研究班のメンバーによる総合的な判断によって「確実」「ほぼ確実」「可能性がある」「不十分」の4段階で評価するシステムとしました。その際、動物実験や作用機序に関する評価についても考慮しました。さらに、関連が「確実」あるいは「ほぼ確実」と判定された場合には、メタアナリシスの手法を用いた定量評価を行い、その影響の大きさについての指標を推定することにしました。


 

評価基準
関係強度 定義 記号
相対リスク 統計的有意性
強い RR<0.5 または RR>2.0 SS ↑↑↑または↓↓↓
中程度 RR<0.5 or RR>2.0 NS ↑↑または↓↓
  1.5<RR≦2.0 SS  
  0.5≦RR<0.67 SS  
弱い 1.5<RR≦2.0 NS ↑または↓
  0.5≦RR<0.67 NS  
  0.67≦RR<1.5 SS  
関係なし 0.67≦RR≦1.5 NS

RR, 相対リスク; SS, 統計的に有意; NS, 統計的に有意でない


 

その研究の一環として、このたび、肉と大腸がんについての評価の結果を専門誌に報告しました(Jpn J Clin Oncol 2014年44巻641-650頁)。

 

加工肉、赤肉は大腸がんリスクを上げる可能性あり

大腸がんは世界的にみても多いがんですが、特に先進国に多く、日本でも上位を占めています。大腸がんの原因として食事や栄養が重要な役割を果たすと考えられ、肉の摂取との関連については、動物性脂肪や調理中に形成されるヘテロサイクリックアミンの作用などが考えられています。世界がん研究基金と米国がん研究協会(WCRF/AICR)が共同で発表している「がん予防のための食物・栄養などに関する勧告」の第二版(2007)では、赤肉と加工肉が大腸がんリスクを上昇させるのは「確実」とされています。その後いくつかの系統的レビューが行われ、その大半は同様の結果を示すことを報告しています。また、プール解析からも肉摂取が大腸がんリスクを上げることを示しています。しかしながら、これらの報告の多くは欧米の研究結果であり、比較的肉の摂取量が少ないアジアや日本からの研究結果は少ないため、その関連についてはよくわかっていません。

今回、改めて、2013年8月までに報告された肉と大腸がんリスクについての日本人を対象とした疫学研究結果を系統的に収集しました。研究対象となった6つのコホート研究(表1)と13の症例対照研究(表2)の結果をまとめ、評価しました。

 


 

表1)日本人を対象とした肉と大腸がんリスクに関するコホート研究のまとめ

文献番号

研究期間 対象集団   関連の度合い
性別 対象者人数 年齢範囲 転帰 症例数   結腸 直腸 大腸
1 1965–82 男女 265 118 ≥40 死亡 1115   該当なし
2 1984–2002 男性 1524 ≥40 死亡 15   該当なし 該当なし 該当なし
    女性 1634 ≥40 死亡 14   該当なし 該当なし 該当なし
3 1988–99 男性 45 181 40–79 死亡 254   該当なし 該当なし 該当なし
    女性 62 643 40–79 死亡 203   該当なし 該当なし 該当なし
4 1990–2001 男女 41 835 40–64 罹患 474  
5 1992–2000 男性 13 894 ≥35 罹患 111   該当なし 該当なし
    女性 16 327 ≥35 罹患 102   該当なし 該当なし
6 1995–2006 男性 38 462 40–79 罹患 714   ↑↑(遠位) 該当なし
    女性 42 196 40–79 罹患 431   該当なし
1 Hirayama T. Life-style and Mortality: a Large-scale Census-based Cohort Study in Japan. Basel: Karger; 1990
2 Khan MM, Goto R, Kobayashi K, et al. Dietary habits and cancer mortality among middle aged and older Japanese living in Hokkaido, Japan by cancer site and sex. Asian Pac J Cancer Prev 2004;5:58-65
3 Kojima M, Wakai K, Tamakoshi K, et al. Diet and colorectal cancer mortality: results from the Japan Collaborative Cohort Study. Nutr Cancer 2004;50:23-32.
4 Sato Y, Nakaya N, Kuriyama S, Nishino Y, Tsubono Y, Tsuji I. Meat consumption and risk of colorectal cancer in Japan: the Miyagi Cohort Study. Eur J Cancer Prev 2006;15:211-8.
5 Oba S, Shimizu N, Nagata C, et al. The relationship between the consumption of meat, fat, and coffee and the risk of colon cancer: a prospective study in Japan. Cancer Lett 2006;244:260-7.
6 Takachi R, Tsubono Y, Baba K, et al. Red meat intake may increase the risk of colon cancer in Japanese, a population with relatively low red meat consumption. Asia Pac J Clin Nutr 2011;20:603-12.

 


 

 

表2)日本人を対象とした肉と大腸がんリスクに関する症例対照研究のまとめ
文献番号  研究期間  対象集団   関連の度合い
性別 年齢範囲 症例数 対照数   結腸 直腸 大腸
7 1967–73 男女 特定せず 393 582   該当なし 該当なし 該当なし
8 NA 男女 特定せず 588 1176   該当なし 該当なし
9 1977–83 男女 特定せず 203 (男110, 女93) 203 (男110, 女93)   該当なし
10 1981–83 男性 40–79 52 111   該当なし 該当なし 該当なし
11 1986–90 男女 特定せず 223 578   該当なし
12 1984–90 男女 40–69 181 (男 98, 女83) 653 (男343, 女310)   該当なし
13 1992–94 男女 特定せず 363 (男214, 女149) 363 (男214, 女 149)   該当なし 該当なし 該当なし
14 1988–92 男性 24–86 257 8621   該当なし 該当なし 該当なし
    女性 24–88 175 23 161   該当なし 該当なし 該当なし
15 1987–90 男女 特定せず 330 660   該当なし 該当なし
16 1986–94 男女 40–84 100 (男77, 女23) 265 (NA)   該当なし 該当なし
17 1989–97 男性 特定せず 426 794   (頻度で上昇) (頻度で上昇) 該当なし
18 2001–04 男性 20–79 295 1475   該当なし
    女性 20–79 212 1060   該当なし
19 2000–03 男女 20–74 782 793   該当なし 該当なし 該当なし
7 Kondo R. Epidemiological study on cancer of the colon and the rectum. II. Etiological factors in cancer of the colon and the rectum. Nagoya Med J 1975;97:93-116. (in Japanese).
8 Haenszel W, Locke FB, Segi M. A case–control study of large bowel cancer in Japan. J Natl Cancer Inst 1980;64:17-22.
9 Watanabe Y, Tada M, Kawamoto K, et al. A case–control study of cancer of the rectum and colon. Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 1984;81:185-93. (in Japanese).
10 Tajima K, Tominaga S. Dietary habits and gastro-intestinal cancers: a comparative case–control study of stomach and large intestinal cancers in Nagoya, Japan. Jpn J Cancer Res 1985;76:705-16.
11 Kato I, Tominaga S, Matsuura A, Yoshii Y, Shirai M, Kobayashi S. A comparative case–control study of colorectal cancer and adenoma. Jpn J Cancer Res 1990;81:1101-8.
12 Hoshiyama Y, Sekine T, Sasaba T. A case–control study of colorectal cancer and its relation to diet, cigarettes, and alcohol consumption in Saitama Prefecture, Japan. Tohoku J Exp Med 1993;171:153-65.
13 Kotake K, Koyama Y, Nasu J, Fukutomi T, Yamaguchi N. Relation of family history of cancer and environmental factors to the risk of colorectal cancer: a case–control study. Jpn J Clin Oncol 1995;25:195-202.
14 Inoue M, Tajima K, Hirose K, et al. Subsite-specific risk factors for colorectal cancer: a hospital-based case–control study in Japan. Cancer Causes Control 1995;6:14-22.
15 Nishi M, Yoshida K, Hirata K, Miyake H. Eating habits and colorectal cancer. Oncol Rep 1997;4:995-8.
16 Ping Y, Ogushi Y, Okada Y, Haruki Y, Okazaki I, Ogawa T. Lifestyle and colorectal cancer: a case–control study. Environ Health Prev Med 1998;3:146-51.
17 Murata M, Tagawa M, Watanabe S, Kimura H, Takeshita T, Morimoto K. Genotype difference of aldehyde dehydrogenase 2 gene in alcohol drinkers influences the incidence of Japanese colorectal cancer patients. Jpn J Cancer Res 1999;90:711-9.
18 Wakai K, Hirose K, Matsuo K, et al. Dietary risk factors for colon and rectal cancers: a comparative case–control study. J Epidemiol 2006;16:125-35.
19 Kimura Y, Kono S, Toyomura K, et al. Meat, fish and fat intake in relation to subsite-specific risk of colorectal cancer: the Fukuoka Colorectal Cancer Study. Cancer Sci 2007;98:590-7.

 

 

コホート研究では、肉全体の摂取と結腸がんや直腸がんとの間に関連を見出していないものがほとんどでした。肉の種類別解析を行っていた研究では、赤肉や加工肉について、いくつかの研究で弱から中程度の関連がみられました。症例対照研究でも、肉全体の摂取と結腸がんや直腸がんとの間に関連を見出していないものが大半を占めましたが、いくつかの研究において、赤肉や加工肉については、弱いから強い関連がみられました。

そこで、赤肉と加工肉について、各研究を総合して摂取量最低群に対する最高群の相対リスクを推計するメタアナリシスを行ってみました。そうすると、赤肉摂取による大腸がんのリスクはOR=1.16、95%信頼区間1.001-1.34、同じく結腸がんのリスクはOR=1.21、95%信頼区間1.03-1.43となり、有意なリスクの上昇が見られました。また、加工肉摂取による大腸がんのリスクはOR=1.17、95%信頼区間1.02-1.35、同じく結腸がんのリスクはOR=1.23、95%信頼区間1.03-1.47となり、やはり有意なリスクの上昇が見られました。

 

結論

今回の結果および生物学的機序を検討した上で、日本人において肉と大腸がんの関係を決定づける科学的根拠として、肉全体の摂取により大腸がんリスクが上昇するという根拠は不十分でした。ただし、赤肉と加工肉の摂取により大腸がんおよび結腸がんのリスクが上昇する可能性があるという結論になりました。

この結果は、主に欧米で行われた研究をまとめた最近の系統的レビューやメタアナリシスにおける報告とも一致します。日本人においても、赤肉や加工肉の食べすぎを防ぐことにより、大腸がんを予防できる可能性があります。

上に戻る