トップ >科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究 >現在までの成果 >喫煙と胃がんリスク

科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究

喫煙と胃がんリスク

日本の疫学研究に基づく関連性の評価

日本の研究結果から、日本人のがん予防を考える

「生活習慣改善によるがん予防法の開発と評価」研究班では、主要なリスク要因について、がん全般、および肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、肝がんリスクとの関連を調べた国内の疫学研究を収集し、個々の研究についての関連の強さの確認と科学的根拠としての信頼性の総合評価を行っています。 (研究班ホームページ

関連の強さについて、「強い」「中程度」「弱い」「なし」の4段階で個々の研究を評価し、研究班のメンバーによる総合的な判断によって、科学的根拠としての信頼性について「確実」「おそらく確実」「可能性がある」「不十分」の4段階で評価するシステムとしました。その際、動物実験や作用機序に関する評価については、既存の機関が行ったレビューを引用することにしました。さらに、関連が「確実」あるいは「おそらく確実」と判定された場合には、メタアナリシスの手法を用いた定量評価を行い、その影響の大きさについての指標を推定することにしました。

その研究の一環として、このたび、飲酒と大腸がんについての評価の結果を専門誌に報告しました(Jpn J Clin Oncol 2006年12月36巻800-807ページ)。

喫煙によって胃がんのリスクが確実に高くなる

胃がんは、日本で最も発生率が高いがんです。胃がんリスクを高くする要因には、ヘリコバクター・ピロリ感染や塩の摂取などがあり、いずれも日本人に多いことが知られています。また、日本人男性は世界でも喫煙率が高く、喫煙と胃がんの関連が疑われます。

今回、改めて、2005年までに報告された喫煙による胃がんリスクについて、日本人を対象とした疫学研究結果をまとめ、評価しました。このテーマについて報告された疫学研究には、10のコホート研究と、16の症例対照研究がありました。それらを検討した結果、日本では、喫煙によって確実に胃がんリスクが高くなるという結論になりました。

男女差と、他のリスク要因の影響

全体として、ほとんどの研究で、喫煙によって男性の胃がんリスクが高くなりました。女性については、必ずしも同様の関連がみられたわけではありません。その理由の1つとして、女性では喫煙者の喫煙量や年数、喫煙指数が男性に比べるとはるかに少ないということが考えられます。喫煙の胃がんリスクへの影響が男性よりも女性で小さいかどうかは、まだよくわかりません。

また、胃がんのリスク要因である塩分摂取の影響を統計学的に取り除いた研究でも、多くは喫煙と胃がんの関連が残っていました。さらに、国際がん研究機構(IARC)によって確実な胃がんのリスク要因とされているピロリ菌感染については、これまでの研究報告から、喫煙による胃がんリスクに対し、大きな影響を与えるものではないと考えられます。

表1 喫煙と胃がんの関連 コホート研究のサマリーテーブル

<文献>

  • Kono S et al. Jpn J Cancer Res 1987;78:1323-8.
  • Hirayama T. Contributions to Epidemiology and Biostatistics. Volume 6. 1990.
  • Kato I et al. Jpn J Cancer Res 1992;83:568-75.
  • Inoue M et al. Int J Cancer 1996;66:309-14
  • Sasazuki et al. Int J Cancer 2002;101:560-6.
  • Koizumi Y et al. Int J Cancer 2004;112:1049-55.
  • Fujino Y et al. J Epidemiol 2005;15(Suppl 2):S113-9.

表2 喫煙と胃がんの関連 症例対象研究のサマリーテーブル

<文献>

  • 8. Haenszel W et al. Natl Cancer Inst 1976;56:265-74
  • 9. Tajima K and Tominaga S. Jpn J Cancer Res 1985;76:705-16.
  • 10. Hoshino H et al. Jpn J Cancer Res 1985;76:846-50
  • 11. Kono S et al. Jpn J Cancer Res 1988;79:1067-74.
  • 12. Kato I et al. Cancer Res 1990;50:6559-64.
  • 13. Tominaga K et al. Jpn J Cancer Res 1991;82:974-9.
  • 14. Hoshiyama Y et al. Cancer Causes Control 1992;3:441-8.
  • 15. Murata M et al. Cancer Detect Prev 1996:20;557-65
  • 16. Inoue M et al. Int J Cancer 1999;81:39-43.
  • 17. Kikuchi S et al. Jpn J Cancer Res 2002;93:953-9
  • 18. Minami Y et al. Cancer Sci 2003;94:540-7.
  • 19. Machida-Montani A et al. Gastric Cancer 2004;7:46-53

喫煙者の非喫煙者に対する胃がんの相対リスク

これらの研究をもとに、男女別のデータを使って、改めて解析を実施しました(メタアナリシス)。すると、たばこを吸っている人のたばこを吸ったことがない人に対する胃がんの相対リスクは、男性で1.8倍、女性で1.2倍、全体では1.6倍になりました。

結論

疫学研究の結果がほぼ一致した結果を示し、生物学的なメカニズムを説明出来ることから、日本人においても、喫煙によって胃がんのリスクが高くなることは確実であるという結論になりました。さらに、メタアナリシスで日本人における相対リスクを検討し、喫煙者では非喫煙者に比べ胃がんリスクが1.6倍高くなるという結果を得ました。

上に戻る