研究参加者の方へ

研究の対象者

この調査の対象者は地区医師会および区市町村が実施している対策型胃がん検診を受けられる東京都にお住まいの方です。地域によって対象年齢が異なるため、胃がん検診対象者であれば、年齢に関係なくご協力いただけます。また、過去の胃がん検診受診歴がある方も調査の対象になります。

研究の方法

研究の方法」をご覧ください。

同意の自由と撤回の自由

  • この調査へのご協力は自由です。
    調査参加に関する説明を受けて、同意していただいた方を対象に調査を行います。また、追加で採血などの検査をすることはありません。
  • ご協力いただかなくとも、不利益になることはありません。
    胃がん検診は調査への参加に関わらず、受けることができます。
  • いつでも同意を撤回することができます。
    同意を撤回される場合には、事務局までご連絡ください。
    ただし、匿名化されたデータと、それを使って解析・論文化されているデータについては抹消することができません。

インフォームド・アセント

この調査への同意は本人の自筆同意が原則ですが、上肢や運動の障害等の理由により自筆が困難である場合に限り、本人の同意のもと代筆者による同意を認めています。この場合、同意書に代筆者の署名が必要です。

個人情報保護に対する配慮

この調査の目的に限り、法律や倫理指針などで定められている正当な手続きのうえ、行政情報(住民票、死亡票・死亡小票)、医療機関の診療録(カルテ)の情報、診療報酬明細書情報、全国がん登録との照会、閲覧、複写、および借用いたします。

この調査により得られた情報を、調査以外の目的で使用することはありません。また、これらの情報は所轄の医療機関や行政機関から収集されるため、みなさまにお問い合わせすることはありません。

調査資料の保管・解析

この調査のためにご提供いただいた調査資料は、研究事務局が設置されている国立がん研究センターにおいて厳重に保管されます。また、適切な審査を受けたうえで同じ目的の研究と合わせて解析される場合には、個人が特定されないよう匿名化した情報を使用し、研究終了後に破棄します。

この調査について

この調査は、国立がん研究センター研究倫理審査委員会の承認を得て行われており、厚生労働省や日本医療研究開発機構などの公的研究費が用いられます。開示すべき利益相反関係はありません。

追跡調査票とは

同意をいただいた翌年から約10年間、追跡調査のための調査票を郵送でお送りします。調査票は簡単な内容で、その年に受けられた胃がん検診や健康状態についてお伺いします。お手元に届きましたら問診票にご記入いただき、返信用封筒に入れてご投函ください。

同意撤回の方法について

調査の参加に同意していただいた方で、同意を撤回なさる場合には原則として書面で請求していただきます。下記の事務局あてに、「研究協力同意の取り消し請求書」(PDF)をご請求ください。
該当事項にご記入のうえファックスまたは郵送でお送りください。取り消しに応じて、事務局が調査資料や解析データを廃棄します。

研究協力同意の取り消し請求書あて先

東京胃がん検診追跡調査事務局
〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1
国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ内
TEL 03-3547-5201(内線3349)
電話受付時間 月~金曜日(祝日を除く) 9:30~12:00, 13:00~15:00
FAX 03-3547-8580
メールアドレス igan@ml.res.ncc.go.jp