トップ >多目的コホート研究 >現在までの成果 >女性における飲酒と循環器疾患発症との関連について

現在までの成果

女性における飲酒と循環器疾患発症との関連について

― 「多目的コホート研究(JPHC研究)」からの成果報告 ―

私たちは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防に役立てるための研究を行っています。平成2年(1990年)に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部の4保健所(呼称2012年現在)管内にお住まいの40~59歳の女性及び、平成5年(1993年)に茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古の5保健所(呼称2012年現在)管内にお住まいの40~69歳の女性に飲酒習慣を含むアンケートに回答していただきました。そのうち、調査開始時にがん、循環器疾患でなかった約47,000人の方々を平成21年(2009年)まで平均で約17年間追跡して、アルコール摂取量と脳卒中、虚血性心疾患の発症との関連について調べました。その結果を専門誌に発表しましたので紹介します。(Preventive Medicine 2013年 57巻 505-10ページ

これまで、アルコール摂取量と脳卒中、虚血性心疾患の発症リスクについての研究報告の多くは男性を対象にしたもので、とくに日本人の女性を対象とした研究は、多量飲酒者が少ないことや虚血性心疾患の発症率が低いことなどの理由からほとんど検討されていませんでした。


多量飲酒で脳卒中の発症リスクが増加

追跡期間中に1864人が脳卒中になり、その内訳は、脳内出血が532人、くも膜下出血が338人、脳梗塞が964人、その他が12人でした。また、292人が虚血性心疾患にかかりました。アンケートの結果から算出したアルコール摂取量を、「飲まない」、「時々飲む」、「週に1-74g(日本酒換算で1日に0.5合未満)」、「週に75-149g(0.5-1合未満)」、「週に150g-299g(1-2合未満)」、「週に300g以上(2合以上)」に分けて、「時々飲む」を基準として発症リスクを算出しました。
その結果、全脳卒中については、「時々飲む」に比べて、「週に150-299g」で1.55倍、「週に300g以上」で2.30倍と発症リスクが増加しました。また、「週に300g以上」で、出血性脳卒中(脳内出血+くも膜下出血)で2.38倍、脳内出血で2.85倍、脳梗塞で2.03倍と発症リスクの増加が認められました。一方、虚血性心疾患では、発症数が少なく、はっきりした傾向はみられませんでした。
また、アルコール摂取量と全脳卒中の発症リスクについて、年齢(40-55歳/56-69歳)、高血圧既往(あり/なし)、喫煙状況(喫煙/喫煙していない)に分けて検討したところ、若い群、高血圧なし群、喫煙していない群でリスクが高くなる傾向がありましたが、高齢群、高血圧群、喫煙群と比較して明らかな差(交互作用)は認められませんでした。

本研究は、わが国で初めて女性の多量飲酒と脳出血及び脳梗塞の発症リスク増加との関連を示した研究です。健康日本21においても、男性ではアルコールにして、1日20g 程度(日本酒で1合程度)、女性では、男性よりも体格や肝臓が小さく、アルコールの代謝が遅いことや、女性ホルモンの影響などから、より少ない量のアルコール摂取が推奨されていますが、この点を日本人の研究によって確かめられたものと言えます。
近年、女性も飲酒する機会が増え、アルコールの摂取頻度や量の増加が予想されますが、本研究において、1日1合程度の飲酒から脳卒中の発症リスクが増加したことや、本研究グループの先行研究で、1日1合以上の飲酒による乳がん発生のリスク増加が報告されていることからも、女性の健康維持のためには、1日1合未満の節酒が望ましいと考えられます。

 

アルコール摂取量と脳卒中・虚血性心疾患の発症リスクとの関連

上に戻る