トップ >多目的コホート研究 >現在までの成果 >低炭水化物食と死亡リスクとの関連

現在までの成果

低炭水化物食と死亡リスクとの関連

―多目的コホート研究(JPHC研究)からの成果報告―

 

私たちは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防と健康寿命の延伸に役立てるための研究を行っています。平成7年(1995年)と平成10年(1998年)に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、東京都葛飾区、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、大阪府吹田の11保健所(呼称は2019年現在)管内にお住まいだった、45~74歳の方々のうち、食事調査アンケートに回答した男女約9万人を平成26年(2014年)まで追跡した調査結果にもとづいて、低炭水化物食と死亡リスクとの関連を調べた結果を専門誌で論文発表しましたので紹介します(Clin Nutr.2020 Sep 23;S0261-5614(20)30478-7)。

近年、低炭水化物食は減量や糖代謝の改善などにおいて、その健康効果が注目されています。炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素は、例えば、炭水化物の摂取が少なければ、たんぱく質や脂質の摂取が多くなるため、全体のバランスとして考える必要がありますが、低炭水化物食では、特に動物性食品から脂質やたんぱく質を多く摂取した場合、健康への好ましくない影響も報告されています。これまで、米国では多く研究が行われていましたが、日本からの報告は低炭水化物スコアと死亡リスクを検討した研究が1つしかなく、脂質やたんぱく質の摂取源について検討した研究はありませんでした。そこで、本研究では、低炭水化物スコアと、その後の死亡と死因別について検討しました。さらに、脂質とたんぱく質の摂取源が動物性または植物性について検討することを目的としました。

 

低炭水化物スコア

食事調査アンケートの結果を用いて、1日のエネルギー摂取量を推定し、その中で炭水化物、脂質、たんぱく質からのエネルギー摂取の割合をそれぞれ計算しました。次に、炭水化物からのエネルギー摂取の割合が高いほど小さな得点を与え(10点から0点)、脂質とたんぱく質は多いほど高い得点を与え(0点から10点)、それらを合計して低炭水化物スコアとしました。このスコアが高いほど、炭水化物の摂取量が比較的少なく、脂質やたんぱく質の摂取量が多いことを意味します。低炭水化物スコアが低い順に並べて、人数が均等となるよう5グループに分け、スコアが最も低いグループを基準として、その他のグループのその後の全死亡、および循環器疾患やがんによる死亡リスクを調べました。その際、年齢、性別、地域、体格、喫煙・飲酒習慣、余暇の身体活動、高血圧・糖尿病・高コレステロール血症の既往、職業、エネルギー、コーヒーや緑茶の摂取量を統計学的に調整しこれらの影響をできるだけ取り除きました。

 

低炭水化物スコアと死亡との関連はU字型

16.9年間(中央値)の追跡期間中に13,179人が死亡しました。死亡の原因別では、がんが5,246人、循環器疾患が 3,450人、心疾患が 1,811人、脳卒中が1,358人でした。低炭水化物スコアの各グループの炭水化物からのエネルギー摂取の割合の平均値は、スコアが最も低いグループで65%、最も高いグループで43%でした。研究結果から、低炭水化物スコアは、低くても高くても死亡のリスクが高いというU字型の関連がみられました(図1)。死亡の原因別では、循環器疾患と心疾患では、同様のU字型の関連がみられました。
次に、脂質とたんぱく質の摂取源を動物性食品と植物性食品に分けて検討した結果、動物性食品に基づく低炭水化物スコアと死亡リスクとの関連はU字型であるのに対し(図2)、植物性食品に基づく低炭水化物スコアは値が高いほど死亡リスクが減少するという関連を認めました(図3)。

 

図1.低炭水化物スコアと死因別リスク

373_1 

 

図2.動物性食品に基づく低炭水化物スコアと死因別リスク

 373_2

 

図3.植物性食品に基づく低炭水化物スコアと死因別リスク

373_3 

 

今回の結果からみえてきたこと

炭水化物の摂取量に対する脂質やたんぱく質の摂取量が少ない場合と多い場合のいずれも死亡リスクが高まることがわかりました。また、脂質やたんぱく質の摂取源が、動物性食品か、植物性食品かによって死亡リスクとの関連が異なることがわかりました。

本研究の結果から、炭水化物の摂取量を減らして脂質やたんぱく質の摂取量を増やす場合には、死亡(特に循環器疾患死亡)のリスク低減の観点から、脂質・たんぱく質は主に植物性食品から摂取することが望ましいことが示唆されました。
米国の研究では、低炭水化物スコアが高いほど死亡リスクが高いという結果でしたが、本研究ではU字型という結果でした。この理由には、米国と日本では、炭水化物や脂質、たんぱく質の摂取源が異なることが考えられます。米国では、炭水化物の摂取源が炭酸飲料やソーダ、ケーキなどですが、日本では主に米からです。脂質やたんぱく質の摂取源となる動物性食品では、米国が主に肉類であるのに対し、日本では、魚介類の摂取量が多かったことが考えられました。また、炭水化物の摂取量を極端に減らすと、その主な摂取源である穀類に含まれる食物繊維など生活習慣病の予防に寄与する有益な栄養素の摂取が減り、病気のリスクが高まるかもしれません。

本研究では、炭水化物について、食物繊維やビタミン等を多く含む玄米や全粒粉については検討できていないことなどが限界点としてあげられます。

本研究では低炭水化物スコアで対象者を5つのグループに分けていますが、各グループのエネルギーに対する炭水化物からのエネルギー摂取の割合の平均値は、スコアが最も低いグループで65%、スコアが最も高いグループで43%でした。この範囲を超えた場合(例えば、炭水化物の摂取がかなり少ない食事)の健康影響については、さらなる研究が必要です。

上に戻る