トップ >多目的コホート研究 >現在までの成果 >体格と肺がん罹患リスクについて

現在までの成果

体格と肺がん罹患リスクについて

―多目的コホート研究(JPHC研究)からの成果報告―

 

私たちは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防や健康寿命の延伸に役立てるための研究を行っています。平成2年(1990年)と平成5年(1993年)に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、新潟県長岡、茨城県水戸、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古の9保健所(呼称は2019年現在)管内にお住まいだった方々のうち、がんになっていなかった40歳から69歳の男女92,098人を対象に実施したアンケート調査と、その方たちを平成25年(2013年)まで追跡した調査結果に基づいて、体格と肺がん罹患との関連を調べました。その研究成果を論文発表しましたので紹介します(Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2021年6月Web先行公開)。

肺がんは、世界でもっとも罹患率が高く、また死亡率が高いがんのひとつです。これまでの複数の研究をまとめたメタアナリシスでは、体重と身長から算出される体格指数(体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)、BMI)が低いほうが肺がんのリスクが高いことが報告されています。しかしながら、日本人を対象とした体格と肺がんリスクの関連を調べた大規模な疫学研究はありませんでした。そこで、本研究では、BMIや体重変化、身長と肺がんのリスクとの関連を調べました。

BMIは、アンケート調査の回答から得られた体重と身長から算出し、5つのグループ(19kg/m2未満、19.0-22.9 kg/m2、23.0-24.9 kg/m2、25.0-26.9 kg/m2、27.0kg/m2以上)に分けました。また、体重変化は、20歳時の体重とアンケート回答時の体重が5kg以上変化しているかによって、体重減少、体重変化なし、体重増加の3つのグループに分けました。そして、BMIでは23.0-24.9kg/m2のグループを、体重変化では変化なしのグループを基準として、その他のグループのその後の肺がんリスクを比較しました。肺がんの組織型(腺がん、扁平上皮がん、小細胞がん、その他)別でも検討を行いました。解析では、年齢、地域、喫煙・飲酒習慣、余暇の身体活動の頻度、果物・野菜・イソフラボンの摂取量を統計学的に調整し、これらの影響をできるだけ取り除きました。

 

BMIが低いと肺がんリスクが高くなる

平均19.1年の追跡期間中に、2,152人が肺がんに罹患しました。男性では、BMIが低いグループで肺がんリスクが統計学的有意に高くなりました。肺がんの組織型別にみた場合、腺がんでその関連が顕著でしたが、体重変化では関連はみられませんでした(図上段)。
女性では、統計学的有意ではありませんでしたが、BMIが低いと肺がんの罹患リスクが高くなりました。さらに、肺がんの組織型別に見ると、BMIが最も低いグループで扁平上皮がんの罹患リスクが高くなりました(図下段)。
また、体重変化では20歳時から体重が減少したグループで、扁平上皮がんの罹患リスク増加がみられ、体重が増加したグループでは、小細胞がんのリスク増加がみられました(図なし)。
身長と肺がんの罹患リスクとは、男女ともに、関連がみられませんでした。

図. 体格と肺がんリスクとの関連

395_1

 

今回の研究結果について

今回の研究の結果から、喫煙を続けた場合と比べて、禁煙することは、全循環器疾患、虚血性心疾患、脳卒中の発症リスクの低下と関連がみられました。
先行研究では、禁煙後の体重増加は、禁煙による循環器疾患のリスク低下の効果を弱めることとは関連がないことや、年齢が若いグループでは、禁煙と循環器疾患のリスク低下の間により強い関連がみられたという報告があり、本研究の結果と一致していました。
禁煙者の循環器疾患の発症リスク低下に関するメカニズムとして、禁煙による、血管の内皮機能や血栓症、脂質異常症の改善などが考えられます。
本研究では、60歳未満の新規禁煙者グループで、60歳以上の新規禁煙者グループよりもリスク低下がみられました。先行研究では、より若い時期の喫煙が循環器疾患への影響が大きいことが報告されているため、本研究でも、早期の禁煙によるリスク軽減効果が大きいことが示されました。
今回の研究の限界点として、喫煙習慣と体重は自己申告のため、実際の喫煙習慣や体重と異なる可能性があることなどがあげられます。

上に戻る